乳酸菌が豊富なヨーグルトはインフルエンザ予防に使える?

インフルエンザをあらかじめ防ぐために乳酸菌が効果があるといわれています。

大体1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。

娘がちょうど受験の時期だったので、それからというもの、ずっとヨーグルトを食べさせています。

腸まで乳酸菌が届くタイプのヨーグルトが特に効くそうです。

乳酸菌が身体に良いということはよく知られている事実ですが、一方で効果のない説もあって当然ですよね。

これについても本当かどうかなんてわかりません。

それは、体質には個人差というものがあるほか、あくまでも乳酸菌は菌であって、すぐに効く薬ではないからです。

自分に合うかどうか確認してから考えましょう。

一般的に便秘に効く食物は、食物繊維、乳酸菌を内蔵する 発酵食品等です。

頑固な便秘の人は、うんちが固く腸内に溜まった状態になってしまいがちです。

この状態を改善することで、、軟らかくするため、初めに 水分と食物繊維を摂りながら、乳酸菌で腸内を整えるのがいいでしょう。

腸や体の健康に乳酸菌が良いというのは誰でもわかっています。

でも、乳酸菌は胃酸にさらされるので、しっかり食べても胃酸で死んでしまって効き目が出ないのではというふうに思っている人もいます。

でも実際は乳酸菌が生きて腸に達するかが重要ではなく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、従って身体全体の健康にとても効果的です。

主に1~5歳くらいの子供が、インフルエンザといったものに感染をし、発熱してしまった後、突然けいれんや異常行動、意識障害などの症状が現われるのがインフルエンザ脳症となります。

インフルエンザ脳症とは、生命に関わることのある重篤な疾患であり、治癒した後に後遺症が残るケースもございます。

乳酸菌を毎日摂取しているおかげで、私はすこぶる健康になりました。

一日が始まる朝には欠かさず、ヨーグルトを食べるように心がけています。

ヨーグルトは工夫次第でいろいろと味を楽しめますし、便秘知らずでいることができます。

乳酸菌を毎日摂るようにしてから、肌の方も調子がよくなってきて、ダイエットにもなりました。

夜中に熱が上がって、40℃を超えるほど上がって体調が悪かったので、病院にかかりました。

インフルエンザの検査が実施できますよと教えてくれました。

私も、もしかして、インフルエンザだったら、それにあったお薬を選んでもらえるので、調べたいと希望しました。

便秘にいい食べ物を毎食摂っています。

それはバナナにヨーグルトです。

来る日も朝食べています。

食事するうちに、最近、便秘が良くなってきました。

とにかくひどかった、便秘がなくなってコーラックなどの薬を飲水することもなくなりました。

差し当たって ポッコリしていたお腹も、ひっこんできていて幸いです。

最近の調べで、乳酸菌にはたくさんの健康作用があるのですが、とりわけ、整腸作用に良く効くといわれているようです。

内臓、腸の中の善玉菌を多くすることで腸内が活性化し体の中に溜まっていた便が排泄されやすくなります。

その為、便秘や下痢になりにくくなります。

乳酸菌を日々飲むことで内臓、腸を整える効果が高まります。

いわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌について調べてみました。

いろいろ調べてみたら、実は乳酸の菌という意味ではなくて、化学反応を起こして乳酸を作り出す菌類のことをさしていました。

これは常識なのですか?

30年余り生きて来て、初めて知った事実です。

【関連サイト】ツカレナインのお試し通販!980円で試せるオリゴノールサプリ
【URL】https://www.wisdomsbottom.com/

乳酸菌が豊富なヨーグルトはインフルエンザ予防に使える?
トップへ戻る