1度のご飯の量はほどほどにという食事の習慣

普段から、美容と健康に注意しているので結構運動している方だと思います。

ですので、ちょっと食べ過ぎたとしてもあまり太らなくなってきました。

しかし年齢を重ねるとどうしても基礎代謝は落ちますので、たくさん食べてしまうとカロリーは消費されない。

少しずつ蓄積されすぐに体重が増えてしまいます。

ですから、常日頃1度のご飯の量はほどほどにという食事の習慣をつけています。

1回で食べてしまうと、その後の運動が足りなかった場合カロリーを摂り過ぎたことになります。

食事の量が少なければそうなる事はありませんし、それから動いて腹が減った時にすこし満たされるくらいの量を食べればいいのですから。

量を減らす事の良いところは他にもあります。

いっきにいっぱい食べなくすることで、胃腸に負担がかかりにくくなります。

胃もたれもしませんし、下痢する事もないです。

内臓をしっかり休めることができると、肌が綺麗になっていきます。

水だけ断食などはお腹が減って厳しいと思うかもしれませんが、量を少なくする位だったらそんなに空腹感に悩まされることもありませんし簡単にできると思います。

もともと便秘に悩まされているのですが、それが原因なのか歳をとるにつれ肌もくすんで、キメも荒くくたびれた肌に近づきつつあります。

やはりどんなに肌の表から高い美容液などを毎日塗り続けてもからだの中を改善しなければ効果はあらわれないと思い、毎日朝に青汁と酵素の粉末を牛乳とシェイクして飲んでいます。

便通がよくなると感じています。

飲み出してすぐには効果は感じないものの毎朝続けていくことで冷たい牛乳で腸が目覚め、次第に便秘がよくなるのを感じられます。

同じパウダーのきな粉を更に混ぜるときもあります。

お肌の調子は…というと、お通じがよくなるにしたがい口の周りによく出来ていたプツプツができなくなりました。

それと化粧のノリが飲み始めの頃よりもよくなったと思います。

急激な変化がある訳ではないけど身体の内側が次第に浄化されていく気がします。

それが精神的にも暗示にかかっているようにプラスの効果となって現れてきています。

あとは肌の色艶を取り戻したいので首やデコルテを揉みほぐしてリンパの流れが悪くならないように気を付けています。

わたくしが美容の事で努力していること保湿する事です。

日本は四季があるので年中湿気や温度、天気が違ってきます。

という訳で肌も日によって様子が変わってくるので十分な保湿を心がけています。

入浴後と寝起きに顔を洗った後は絶対の保湿をします。

まずはローション、そのあと私が気に入っている保湿液を塗ります。

初めは少しお値段のする保湿クリームでケアしていましたが、貧乏性なのか、勿体ない感じがしてちょっとずつしか使いませんでした。

結果的にクリームを塗っているのにも関わらずそれ程お肌の調子に変化はありませんでした。

そんな訳で安く売られている保湿用クリームを購入しケチらずに使おうと思いいっぱい塗ってみたら、しっかり保湿してくれてプルンプルンの肌になりました。

保湿用クリームはいくらであっても惜しみなくいっぱい使う事が肝心なんだと思ったのです。

この行程を踏むとメイクのノリが全く変わってきます。

お化粧がとても綺麗にできます。

それから私は化粧下地としてクリームをつけてからUVカットのクリームを塗って軽くパウダーをかけるだけでベースは終了なのですが、ファンでをしていなくてもとても肌が綺麗と言って貰えるようになりました。

保湿はとても大切です!

1度のご飯の量はほどほどにという食事の習慣
トップへ戻る