肌のために何よりも大切にしているのは眠ること

女性なら大抵の人が肌のコンディションにはわりあい、気をつかうはずです。

わたしは生まれつきアトピー性皮膚炎と診断されているので、とくに肌の状態に関しては気を遣っています。

ここ最近、「以前より顔色が良くなった」と褒められることが多いのですが、何よりも大切にしているのは眠ることです。

ここ最近夜の10時から午前2時の間に眠ることが良いと聞くことがあります。

まえは夜の12時過ぎまでパソコンを見ていたり、本を読んだりと深夜型の生活だったのですが、お肌がかなり荒れてきたので、思い切って生活スタイルを見直してみました。

大きく改善したことは睡眠時間です。

夜10時半過ぎには布団に入り、なるべく7時間くらいは眠ろうと決めました。

こうしたらすぐに効果が現れて、肌は痒くなくなるし、お風呂から出たら保湿クリームをしっかり塗り込むのでずっと肌がしっとりしているのです。

また、顔のシミや吹き出物も収まり、朝、目覚めた時も非常にすがすがしい状態です。

良いことばかりなので、睡眠は必ず7時間以上、深夜まで起きていないということを習慣づけるようにしています。

肌がきれいだと精神的にも良い刺激になって、毎日が楽しいです。

ワタシが日頃から、美肌術で気を配っているの事はUVカットです。

日焼け対策を怠ると、シミなどは出来やすくなってしまいます。

そんな訳で成る丈、焼かないように毎日注意しています。

ワタシのUVカット対策のベースは、どの季節でも日やけ防止剤を付けることです。

季節にあわせてSPF値が違うものを使用していますが、寒い季節でも必ず紫外線カット効果がある下地クリームなどを使っています。

それと一番日焼けが怖い4月~9月頃までは、様々な紫外線防止策を実施します。

外に出る時は忘れずに、専用の傘か日よけ帽子か、UVカットをしてくれるカーディガンなどを着ています。

あとは、美白や日焼け止めの効果がある食べ物を沢山摂ることです。

美肌の味方とも言える「トマト」は、可能な限り1日1回は摂取するようにしています。

とくにトマト類は加熱した方が美白効果が高まるので、火を通して摂るようにしています。

緑の野菜は日焼け止めに効くという話なので、モロヘイヤなど沢山食べるようにしています。

また、ビターチョコレートやナッツ類も日焼け止めに効くので、おやつタイムにつまんでいます。

UVカット対策は大変ですが、そういったケアは日課にしないといけません。

後の祭りとならないように、早いうちからUVカット対策を意識することが肝心です。

美容食だという食材などが人気になったりするけれど自分はあんまり気にしていません。

何でもよく食べることが良いと思うし、第一本当に肌にいいとされている物でもそればっかり摂取していると体調にも問題が出てくるでしょう。

身体に良いと言われている食材は「普段の献立に少し足してあげると健康維持に役立ちますよ」という解釈が正解なのです。

一日三食そういう物だけ口にしていればヘルスケアになるとか美肌になるなんてことありません。

そんなすごい食品があったら万々歳ですが一生待ってもそういった食材は出てこないでしょう。

食事は偏らないことが肝心です。

食事バランスが崩れたままだと健康維持も難しくなります。

バランス重視でいろいろな栄養素をとりこみ、話題になっている食材はタイミングがあれば献立にちょっこっと加えています。

たくさん食べる必要はないですよ。

もう少しすれば新たにちがう身体にいい食べ物が流行します。

そういった流れに踊らされないことが大事だと思っています。

肌のために何よりも大切にしているのは眠ること
トップへ戻る