ストレスと不摂生と乾燥が重なって肌トラブルが出てきた

三十路を超えるまで、お肌のケアなど関係のない白いすべすべ肌だった私ですけど年とともに肌も衰え始め体全体が乾燥肌・敏感肌になったのです。

症状としては顔におできができやすくて体の方は粉をふいたような肌になってしまいました。

いろいろと原因はあったと思うのですが、ストレスと不摂生と乾燥がそうなった理由だと思っています。

以前、痩せようと思いお風呂で湯船に半身浴で一時間近く入浴していましたが長風呂は肌の乾燥になると言う事がわかりやめることにしました。

湯船につかる時間を10分と決めて、からだをタオルで拭く前にオイルを全身に塗って、タオルは濡れた部分をさっと拭く程度にしてスグにクリームを塗るようにしたのです。

顔に関しても短時間で行わないといけないのでお風呂上りは忙しいです。

今は有効に時間を使えるように入浴した後すぐにお顔のケアをするようにタオルとフェイスマスクを脱衣所に用意しお風呂から上がったらすぐにフェイスパックをしています。

あわせて、お手入れをしながらストレッチをしたり背筋を伸ばすように正しい姿勢でキープしたりも同時にやります。

からだの中の水分も大切なことなので、お風呂の前の水分補給とお風呂上りのミネラルウォーターも必ず摂ります。

スマートフォンを触っていて、肩こりや目が疲れたり寒さで脚が浮腫んだりその時の症状に合わせて入浴中にマッサージしたり髪のお手入れをしたりその日の疲れを取りたい部分を集中してやわらげるように気を使っています。

食いすぎは胃腸に負担をかけ、カロリーも沢山とることになってしまうので、注意しています。

たくさんの栄養を万遍なく取り入れる事は重要ですが、多く食べると消化するのに時間が必要になるので、むくみや体重の増加などのきっかけにもなるので、仮にバランスよく栄養素を摂りたい場合は、ちょっとずつ、多くの種類を食べるよう、調整しています。

オーガニック食品は、お野菜の場合は皮も食べられるので上手く料理に使い、量も栄養も多く摂れるので、少しの量でも満足度の高いメニューにすることができます。

鮮度が高くみずみずしい本当のお野菜のおいしさも味わえるので、そのままサラダにしたり、素揚げしてダシに漬けたりと、素材の味そのものが楽しめるメニューになります。

このような食材を使うときは近くのスーパーでも売っていますが、有機野菜のレストランなどで食べたり、テイクアウトしたり、簡単に出来る方法で取り入れるようにしています。

私自身が美容で気をつけていることは、いちばんにお肌を傷つけない事になります。

吹出物が出来た時なんて綺麗になるまで家から出ようと思いません。

嬉しいことに、自分の母も肌は綺麗な方で遺伝を受けているからなのか自分自身も肌は綺麗な方でそんなに肌が荒れる事はありません。

あえて言うとすれば、気をつけることはサンスクリーンをいつも付けることですね。

私の知り合いも日焼止めアイテムは年中塗っているんだろうなと考えていたら結構付けてる人は少なく、、酷い人は日差しの強い時期もしないとか言ってる子がいたのにはビックリです。

夏は日焼けしてナンボでしょ!なんて意気揚々と話していたのです。

心得ている人もいるかと思いますが、肌の老化現象って加齢30%、紫外線70%らしいのです。

初めてこれを聞いた時は動揺しました。

それを聞いてからきれいな肌でいたい私は一年中外出時も自宅にいても日焼止めアイテムを塗るように気を使っています。

それが良かったのか、化粧品売り場でメイクをして貰った際に美容部員さんに、お肌ツヤツヤですね!なんて言ってもらえます。

微笑みながら「褒められるほどではぁ~」なんて言っています。

ストレスと不摂生と乾燥が重なって肌トラブルが出てきた
トップへ戻る