体の中と肌は直接つながっているんじゃないか?と感じ始めたこの頃

体の中と肌は直接つながっているとこのところ身に染みて感じるようになりました。

便秘がちだとその後ちゃんと(?)顔面にブツブツが発生します。

ですので便秘症にならないように気を付けています。

プレーンのヨーグルト、青汁、ふんだんに「食物繊維」を含んだ野菜とか。

そのほか飲み物をちょこちょこと摂るようにしています。

外ゴハンばっかりになったり、旅先だと便秘になりがちです。

そんなときは眠りにつくまえや起床時に布団のうえでお腹を動かす運動をします。

そうすると出したくなるので効果抜群です。

また、便秘もそうですがフラストレーションも溜めないようにしています。

娘たちの世話もありそこそこ小忙しくしていてのんびりしづらいのですが、月~金のお昼間、用事の合間に友人と会ったり散歩をしたりしてリフレッシュしています。

お肌ケアは皮ふに過剰な摩擦を与えないように気を配っています。

これまではジェルタイプのメイク落としを使ってメイクをとっていましたが口元周辺に微細な吹き出物が発生し始めて悩んでいました。

肌に悩みのない友人に相談するとメイクオフシートでオフしているとのこと。

あたしもやってみるとポツポツが発生しなくなり良かったです。

肌負担を軽減する事も大切なんだなぁと思いました。

自分が美容の事で日々気を配っていることは、油っこいものを少なくして、ニキビを作らないようにすること。

顔というのは第一印象になると思うので、いちばんに気を使う場所ですが、お肌がきれいだと、見た目が若くてキレイなのではないのかなと思っています。

顔にニキビができてしまうとさすがに、目を引きますし、隠すのも無理があります。

そういう私自身に自信を持つ事が出来なくなり、人と目を合わせて話をする事ができないようになってしまいました。

詳しく言うと、カツとか天ぷら、から揚げなどの揚げ物をあまり食べないようにする。

ポテトチップスなど高塩分の物はあまり食べないことです。

やっぱり食べたくなる事もありますし、飲み会などもありますので、絶対禁止という事では無いですが、あぶら物を抑制することにより、吹出物が出来にくくなったのです。

吹き出物ができると、つぶしてしまって跡が残ったりして、良い事なんて無いので、できてしまう前に予防する事が自分の普段気を配っていることです。

ストレッチ体操は美しくなる為には外せない体操です。

柔軟体操はみんなが出来る簡単な「運動」なので、年配者だって行えますし子供でもやれちゃいます。

ですが、凝り固まっている部分や萎縮している筋などを伸び縮みさせる為に痛い感覚があったりします。

この傷みのせいでストレッチングを断念する方が多いのですがあたしはそれが残念でなりません。

ちょっとくらいの痛みなら我慢したほうが身体が伸びてきれいになりますし、基本的に限界を超えるほどストレッチ体操をするのは間違いです。

痛くて呼吸が止ってしまうような無茶苦茶なストレッチングは体を傷付けるだけで柔軟体操を行った事になりません。

正確なストレッチ体操の仕方に基づいて行えば柔軟性が失われていても徐々に解れてしなやかになってきます。

知識なくやると痛さがあるけど痛すぎない程よい位置でストップさせると簡単に出来ます。

こうすれば出来ない人はいないはずです。

正しいストレッチだけで「美」を手に入れられます。

体の中と肌は直接つながっているんじゃないか?と感じ始めたこの頃
トップへ戻る