育毛にも効果的だと言われているコラーゲン

コラーゲンというと、肌のハリをアップさせる成分のように思われがちですが、実は、育毛にも効果的だと言われています。肌の質を左右する真皮層は、半分以上の成分がコラーゲンなので、これが不足すると皮膚が硬くなりハリがなくなります。これは皮膚の一部である頭皮も同様の危険性があります。ハリがあり若々しい頭皮なら新陳代謝が良くなるので、元気な髪の毛が成長することに繋がります。意外に思われるかもしれませんが、育毛には果物を食べると効果的です。例を挙げると、リンゴの成分であるポリフェノールのうち、60%以上が発毛効果があるとされるプロシアニジンという成分です。あるいは、ブドウに多く含有するブドウポリフェノールは活性酸素の働きを抑制する効果があり、結果的に、毛髪に必要なアミノ酸が髪に届きやすくなります。もし育毛するとなると、いくらかかるのでしょうか?実際のところ、どの育毛方法を選ぶかによってかかる費用も違います。例えば、育毛剤や育毛シャンプーを使った育毛方法なら、月数千円程度でしょう。また、専門のクリニックに通うのなら月々数万円はかかってしまうでしょう。植毛をお考えの場合は、自毛なのか人工毛植毛にするかで費用に差が出ます。以前、ニュースになったiPS細胞という名前を覚えている方も多いでしょう。近年、この細胞から髪の毛を生やす細胞を作れることが研究成果としてまとめられました。皮膚の下に埋まって毛根を包み健康的な髪の成長に必要な毛包が再生されたのです。技術が完成した訳ではないので、身近に使えるようになるまでには長い年月がかかります。でも、育毛のための技術は日進月歩で発展しています。リーブ21というと、毛髪クリニックとして有名ですが、このクリニックが2016年、ウーロン茶の成分に育毛効果を見込めるというレポートを日本薬学会に提出しました。ウーロン茶が、DHTという薄毛の原因であるホルモンの過剰分泌を阻害する結果、薄毛の中でも、特にAGAによる薄毛を改善する可能性があると発表したのです。しかし、安易にウーロン茶を飲み続ければ、薄毛が改善されるという話ではありませんから、勘違いしないようにしましょう。賛否両論があって、どちらを信じていいのか分からないのが、育毛中のコーヒー摂取ではないでしょうか。結果的には、過度に飲み過ぎなければ問題ありませんが、過剰に摂取すれば問題になります。ご存知のように、カフェインには血行を促進させる作用があるため、血行改善は頭皮や髪の毛にプラスになります。ですが、飲み過ぎてしまうと、睡眠を質を悪化させるので、育毛にも健康にも、悪影響が及ぶことになります。育毛中の人が、コンディショナーを使うことについては良いという人もいれば避けるべきという人もいます。コンディショナーが髪に与える効果は、傷んだ髪の表面をコーティングすることですが、コーティング剤にはシリコンが使われていることが多く、頭皮の毛穴に詰まってしまうと髪の成長が阻害されるので、育毛の観点から言えば、あまり良くないというのも分かります。薄毛や抜け毛に対応した育毛用コンディショナーを使用して、できるだけ頭皮の毛穴にストレスを与えないように時間をかけて洗髪すれば問題なく使うことができます。髪に良いとされる栄養素は多くありますが、特にたんぱく質と亜鉛、ビタミンB群は、髪の悩みの解決に欠かせない栄養素だと言えます。簡単に説明すると、たんぱく質はアミノ酸が集合して出来ているのですが、このアミノ酸が髪の毛の大部分を占めるケラチンの素になります。なお、このケラチンが作りだされるためには、亜鉛が必要になります。ビタミンB群は、髪の毛を発毛し成長させる毛母細胞を活性化するために必要な栄養素です。これらが豊富な食物として、たんぱく質は大豆製品、亜鉛は牡蠣に多く含まれ、ビタミンB群ならば、緑黄色野菜やレバーが含有率の高い食品になっています。日本人の多くは温泉好きですが、泉質によっては育毛にも効果が期待できるようです。育毛に適した泉質とは、酸性の温泉です。この泉質の特徴である毛細血管を広める働きのおかげで、滞っていた頭皮の血行が促進されます。一口に酸性の温泉といっても、その種類は炭酸泉と硫黄泉の2種類で、日本国内では硫黄泉の方が身近だと思います。しかし、肌に与える刺激が強いという側面もあるため、皮膚の弱い人は気を付けた方が良いでしょう。育毛専門クリニックで使われる機器ほどの出力はありませんが、個人が使える低出力レーザー育毛器具の人気が高まっています。中でもおススメなのはアメリカのFDAで認可された器具となっています。このFDA認可についておおまかに説明すると、日本で言うと厚生労働省も認めた製品というような意味で、これがあるレーザー育毛器具はアメリカの政府機関が安全で育毛に効果があると実証したものだと言えるでしょう。

育毛にも効果的だと言われているコラーゲン
トップへ戻る